不動産,税金

不動産の価格と地価の関係とは 

不動産の価格は周辺の取引事例を基に計算されるのが一般的ですが、土地の価格が高ければ物件価格も高くなります。地価は地域によって異なりますし、同じ地域でも部分的に高くなっている場合があります。取引事例から価格を出す場合にも土地の価格は重要ですから、地価が高いほど物件の価格も高くなります。不動産には建物や土地がありますが、建物には対応年数があり経過年数によって価格が下がります。しかし土地に関しては状況を一変するほどの出来事が無い限り半永久的に価値を維持します。ですから土地の価格は物件売買でも影響を持つのです。

地価の状況で不動産は 

不動産業は、人気の土地や地価により大きく影響を受ける変動のある業界です。人気のある土地では、賃貸物件の家賃や固定資産税にも大きく関与してきます。それぞれを算出するための基準となるからです。その影響は、当然の事ながら不動産の価値にも大きく影響してくるのです。一生に渡り住み続けるのならば、税金の支払額を計算すると大きくなると考えられます。また、賃貸であっても同様に変わってくるはずです。しかし、いずれ売却することを考えれば、その価値は高いために財産としては優位になると考えられます。この業界では、資産価値は変動することが多いので買いと売りの時期を見極めなければ損をしてしまいます。

© Copyright 不動産に関わる税金とは. All rights reserved.