外壁塗装に使われる新しい塗料 

現在の一般住宅の外壁塗装に使用される塗料は、耐久性や経済性など高機能な物となっています。次世代塗料とされる光触媒塗料は、太陽光に含まれる紫外線により有機物を分解し、防汚・抗菌・脱臭などの効果を発揮します。更に塗料の超親水性の効果により、汚れが付着した光触媒塗膜が水で濡れると、油脂の様な汚れの下にも水が入り込み汚れを浮かし落とし、長期にわたり美しい外観を保持出来るとされています。又、屋根塗装や外壁塗装には、塗装面で太陽光が熱に変換される前に大半を反射する太陽熱反射塗料が、エコ効果が高いとされ人気です。

家を長くきれいに保つ外壁塗装 

築年数がたった家屋は壁面に汚れやくすみが目立ってきます。それだけではなく、壁にひび割れができればそこから水が入り込み、家の寿命を縮めてしまうことも。そこで何年かに一度は外壁塗装をするのがおすすめです。外壁が美しくなるとまるで新築のようになり、家のイメージも格段にアップしますし、水の浸入を防いで家を長持ちさせることにもつながります。外壁塗装に使用する塗料にはさまざまな種類があり、遮熱や防音効果のあるもの、防汚効果で美しさが長持ちする光触媒、紫外線カット効果のあるものなどもあり選ぶことができます。

© Copyright 不動産に関わる税金とは. All rights reserved.