月極駐車場経営と消費税 

平成2年の消費税導入当初より、政策的に一定の取引は消費税の非課税取引とされており、不動産に関連しては、土地の売買および賃貸借、居住用の住居の賃貸借などが該当します。 ただし、土地の賃貸借の中でも駐車場に関しては、施設を利用する性質から、非課税取引には該当しないこととされています。 そこで、月極駐車場の収入は消費税の課税売上になり、収入金額のうちの消費税相当分は納税が必要になります。 月極駐車場の収入を含む課税売上の総額が年間1000万円以内なら消費税は免税になります。

土地の活用に月極駐車場 

月極駐車場とは、月割で貸し出す駐車場のことです。住宅街やオフィス街などに高い需要があり、良い収入源として注目されています。使っていない土地がある場合、そのままにしておくのはもったいないことです。そこで、土地を有効活用するために月極駐車場にするという手があります。また整備費用が掛からないというコスパの良さもあります。例えばコインパーキングにすると機械の設置などの費用がかかりますが、そういった煩わしさはありません。

© Copyright 不動産に関わる税金とは. All rights reserved.